ファイバーコアが折れてしまった場合、普通はどういった治療法になる?

審美歯科Q&A:25歳 女性 フリーター(03/26)


相談者評価:参考になった
ファイバーコアが折れてしまった場合、普通はどういった治療法になる?

ジルコニアのオールセラミックでファイバーコアが折れてしまった場合、普通はどういった治療法になりますか?1年以内に治療を終えた前歯11本中1本の歯が2ヶ月ほど前に折れ、治療してもらったのですがスポッと抜いて数分でコアを治し、また同じ歯を接着されました。その歯も含めて、現在ほとんどの歯がグラグラしてしまい、再度治療に行くのですが前回の治療法は妥当なのでしょうか?また、どうすればグラグラを防げるのでしょうか?歯科でマウスピースを作って就寝時は装着しています。歯の角度事態が問題なのでしょうか?以前コアが金属の時は8年間、強度に対しての問題は一切ありませんでした。オールセラミックに変えて歯の角度も直されました。今の状態でどういう治療が必要なのかを教えて下さい。ファイバーコアがこんなにも折れやすいものとは知りませんでした。また金属のコアに戻すべきなのでしょうか?

文面からはファイバーコアの破折ではなく、コアごとの脱離だと想像します。そうでなければ、セラミックの部分とコアをどのように結合して再度歯に装着したのか想像できません。対応方法としては単純に根本的に再治療するのが面倒で、その場しのぎの処置を行ったと考えられます。したがって、ファイバーコアの強度問題ではなくファイバーコアの接着技術とそれに装着するオールセラミックの形状(咬み合わせを含める)問題だと思います。
●関連する用語から探す
ファイバーコア オールセラミック 治療法 再治療 破折 えら