インプラントのことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

インプラント治療の種類


インプラントは各メーカーから表面形状や材質の工夫がされたものが使用されていますが、基本的な材質はチタン製が殆どです。
  • 2回法手術
    手術の方法は基本的に2回に分けておこなう2回法が一般的です。
    ・1回目の手術
    インプラント体(フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根部分)を骨の中に埋め込み、歯肉で完全に封鎖します。
    ・2回目の手術
    3-6ヶ月後にインプラント体が骨と接合したことを確認したら歯肉を開いてインプラント体に歯の土台部分(アバットメントと呼ばれます)を装着して、仮歯をつけます。歯肉で完全に閉鎖するために、感染を起こしにくく、インプラント体に余分な力が加わらないので骨との接合が確実になりやすいと云われています。歯の形ができるまで、2回の手術が必要なために2回法と呼ばれています。
  • 1回法手術
    インプラント体を骨に埋め込む部分までは2回法と同じ。2回法はその後歯肉でインプラント体を歯肉で完全に閉鎖するのに対して、1回法ではヒーリングアバットメントと呼ばれる仮のアバットメント(歯の土台となる部分)を装着し、 歯肉部分に露出しておきます。その後、インプラントと骨が結合されるのを待ちます。骨との結合が確認できたら、歯を被せる準備を始めるので2回法のように再度歯肉を切開する必要がありません。
    一回法の場合は、一回の手術で治療することができますが、骨の高さや厚さが不足している場合などの骨増生が必要な場合は感染のリスクが高くなります。

  • 抜歯即時インプラント法
    虫歯や歯周病で抜歯が必要と判断された場合、通常は抜歯して傷口が治るのを待ってからインプラントを埋め込みます。この方法だと歯があった時よりも骨が吸収されやすいので、抜歯と同時にインプラントを埋め込むことによって、骨が無くなるのをできるだけ防ぐことを目的としています。前歯の場合は特に仮歯まで着けることができるので、事故などで急に前歯が無くなった方には最適です。
  • 無切開法
    CTレントゲン撮影により得られた3次元情報をもとに、コンピューター処理することでインプラントの方向やサイズがシュミレーションでき、それをもとにインプラントを埋め込むためのガイドを作る事ができます。そのため、骨を直接、目で確認することなくインプラントを埋入することが可能になります。つまり歯肉を切開する必要がなく、歯肉部分からインプラント体を埋める処置をおこなうことになります。歯肉には埋入されるインプラントの直径分の大きさしか傷が残りません。術後の痛みが少ないという利点があります。
  • All-on-4
    All-on-4は、ポルトガルのDr.マローにより開発されたインプラント法で総入れ歯に変わる術式です。総入れ歯や多くの歯を失った場合に適しています。今までは、歯が無い本数が多いとその分だけインプラント体の本数が多く必要だとされていました。このような場合に、実際には骨が薄かったり、十分な厚みがなかったりして骨の造成術が必要だったりします。「All-on-4」全ての歯を4本のインプラントで支えることで、動かない固定の歯として咬むことができます。これは上顎あるいは下顎の12本分の歯は4〜6本のインプラント体で支える事ができると判ったからです。つまり、必要最小限のインプラントの本数で歯のすべてを支えれば、患者さんの経済的・肉体的にも負担が少なくすることができるという考え方です。インプラント体を6本使用する場合には「All-on-6」と呼ばれます。
検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.