インプラントのことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

インプラント治療が始まるまでのステップ


  1. インプラントのための診査
    全身的な代謝疾患や歯周病の有無を調べる必要があります。インプラントは歯を無くした部分に人工歯根を埋め込む方法ですが、インプラントの手術をおこなう前に十分な検査をおこなう必要があります。まず、全身的な疾患の有無、特に糖尿病は感染しやすかったり、局所の血液循環が不良なためインプラントが骨と緊密に結合しにくい場合があるので、適切なコントロールがなされているのかどうかが重要です。また、歯の残っている部分に歯周病があるかどうかも重要な要因です。インプラントを埋入しても、歯周病菌が原因でインプラントが骨とうまく結合しない場合があるからです。
  2. 現在のかみ合わせの状態
    インプラント治療インプラントを埋入することが目的ではなく、歯の無い部分を回復するための治療方法です。そのためには最終的にどのようなかみ合わせを作る事ができるのか、どのようなインプラント形態が適しているのか、必要なインプラントの本数などを詳細に検討して治療計画を立案する必要があります。また、当然のことですがインプラントを埋入するにあたって十分な空間があるのか、人工歯冠を装着するに際して十分な空間があるのか等、治療結果を予測しておくことが要求されます。
  3. レントゲン検査
    インプラントを埋入する部分に必要かつ十分な骨があるのかは重要な検査です。単純なレントゲン検査から最近では歯科用CTレントゲンを用いて骨の状態を立体的に把握することも可能になっています。歯科用CTレントゲンは一般の医科で使用されているCTレントゲンに比べてレントゲンの被爆線量が大幅に減少されているのが特徴です。
  4. 口腔内を清潔に保つためのメンテナンス法の習得
    インプラント治療が必要な人は何らかの理由で歯を失ったわけです。インプラント治療を受けたあとはインプラントを長く維持していくための自己メンテンナンスが重要です。虫歯の治療がなされていることは当然ですが、歯肉の炎症などがない状態でインプラント処置をおこなったほうが治療後は遥かに良好です。そのためにも、正しいブラッシングの方法を事前に習得しておくことが重要です。

以上の検査や準備をおこなって、初めて適切なインプラントの治療計画が実施できるという事になります。逆に、これらの準備がなされていない状態でインプラント治療はおこなうべきではないとも云えます。

検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.