噛み合わせがあわなくなり前歯があたる

一般歯科Q&A:28歳 女性 会社員(02/13)


相談者評価:参考になった
1年ほど前に下奥歯、上奥歯、その手前の4本の歯の虫歯治療をしたのですが、いままではちゃんと奥歯で噛めていたのに、奥歯があたらなくなり、前歯があたるようになりました。

年ほど前に下奥歯、上奥歯、その手前の4本の歯の虫歯治療をしたのですが、いままではちゃんと奥歯で噛めていたのに、奥歯があたらなくなり、前歯があたるようになりました。
先生に言うと、かみあわせは年々かわるものだからといわれそのままにしてたのですが、当たって痛いので別の歯科で相談すると、歯を見ただけで、それは歯をくいしばってるせいで歯があたるのは自分の歯が曲がってるせいだといわれました。
治療前はしっかり奥歯で噛めていたので、奥歯のつめものが低いのが原因ではないかと思うのですが…原因は他にあるのでしょうか?かみあわせをよくするには矯正歯科に相談したほうがよいのでしょうか?

 原因は明らかに奥歯の高さが原因です。奥歯の高さが低いと噛み込みが深くなり前歯が強く当たるようになります。奥歯の被せ物をした際には、寝た状態だけではなく起きた状態で噛み合せのチェックをすることが重要です。起立時と寝た状態で噛み合せの変化が少ない人もいますが、大抵は前後にずれます。
 現在の状態で前歯が当たるからといって、前歯部での噛み合わせを調整してしまうと全体的な噛み合せの高さが微妙に変化してしまい顎関節症の原因になったりすることがあります。できれば、奥歯の被せたものを再治療するのがよいので奥歯の治療を行ったところに依頼されるのが良いと考えます。他の歯科医院を受診される場合には、今までの経緯を詳細に説明されるのがよいでしょう。歯を喰いしばっているせいでも、歯が曲がっているためでもありません。
●関連する用語から探す
奥歯 噛み合わせ 高さ 被せ 受診 再治療