審美歯科!ホワイトニングのことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

ラミネートベニア/審美歯科!ホワイトニング


ラミネートベニア審美歯科に含まれる歯の治療方法のひとつです。白い歯やきれいな歯並びを作るためのもので、「歯の色や艶を改善したい」、「気になる部分的な歯並びやすき間を解消したい」ときにおこないます。なお、ラミネートベニアは保険適応外の治療となります。

ラミネートベニアは前歯に虫歯があり、その程度が比較的浅いけれども広範囲にわたるときなど、プラスチックの詰め物をすると歯の表面がまだら模様になってしまう場合や、全部削って被せてしまうにはせっかくの自分の歯がもったいない場合などが治療の対象となります。また、生まれつき歯の色が悪い、永久歯が作られる時期に受けた大きな疾患や薬の影響で歯の形成不全などがある場合にも応用されます。

■ラミネートベニアの治療方法

  1. 歯の表面を0.5mm前後に削ります。
    これはできるだけ削る範囲をエナメル質の範囲内でとどめる為です。
  2. その後、削った歯の型をとります(歯科では印象と呼んでいます)。
  3. ラミネートベニアの完成
    元の歯の形が再現された模型をもとにセラミック製あるいはハイブリッドセラミック製のラミネートベニアはが完成します。ラミネートベニアの厚みは歯を削った量とほぼ同じ0.5mm前後です。まるでつけ爪のような感覚ですが、患者さんに最適な歯の形、色調、艶などが再現されていなければなりません。
  4. ラミネートベニアの確認・接着
    出来上がったラミネートベニアが良好であると患者さんと歯科医師が判断できれば、歯に専用の接着剤で接着します。このとき、通常の冠などをつけるものとは違った、非常に流動性の優れた接着剤や光の反射を考慮に入れた色調の接着剤を使用するのが審美歯科治療においては重要です。

歯の裏側は自分の歯なので、ブラッシングがおろそかになっていると今度は裏側から虫歯になってしまいラミネートベニアが脱落なんてことになりかねません。ラミネートベニアと自分の歯の境目は非常に薄いのですが、その部分から破折ことはまずありません。それよりも、経年的に自分の歯が磨り減って咬み合わせが変化した場合などの方が破折の原因となりやすいようです。

検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.