審美歯科!ホワイトニングのことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

ホワイトニング治療手順/審美歯科!ホワイトニング


■オフィスホワイトニング治療手順

歯の色調を測定するところまでは以下、ホームホワイトニングと同じです。
まず、ホワイトニングの薬剤が歯肉に直接接触しないように歯肉保護剤を歯と歯肉の境界に塗り、専用のプラズマ照射器で固めます。
そしてホワイトニングを行いたい歯の表面に薬剤を塗ります。
薬剤を塗ったら専用のプラズマ照射器あるいはレーザー照射器で薬剤を活性化させます。通常は約30分を1クールとして行います。1クールで希望のホワイトニング効果が得られる事もありますが、不十分な場合はさらに1クール追加して行います。
その後ホワイトニングの薬剤を水洗いして、フッ素入りの歯面清掃剤で歯を綺麗にみがきます。
最後に、もう一度フッ素塗布を行って処置は終了です。
1〜2週間後にホワイトニング効果を確認し、定期検診に移行することになります。

■ホームホワイトニング治療手順

ホームホワイトニングの一般的な治療手順をご紹介します。

  1. 歯のクリーニング
    専用器具で歯の表面の汚れを落とす。これだけでも歯がきれいになる人がほとんど。
  2. 歯の色調を測定
    これは必ずしも必要ではありません。
  3. 歯型を作製
    薬剤を歯の表面に塗るための、マウスピースのようなものを作製するために必要。
  4. 薬剤の塗布
    出来上がった自分専用のマウスピースに薬剤を塗って歯にはめます。
    指定された時間を守って装着します。
  5. 歯科医師のチェック
    1〜2週間後に歯科に行ってチェックを受け、知覚過敏が生じていないか、白くなっているかどうかを確認してもらいます。必要があれば更にマウスピースを装着する期間を延長します。
検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.